2016ドラフト契約状況

全体1位指名されたミッキー・モニアックが早くもフィリーズと契約。全体5番目までの上位指名者が実はもう契約済み。

1

ミッキー・モニアック フィリーズ、外野手
契約金額$6.1m Pick value $9.015m

2

ニック・センゼル  レッズ、三塁手
契約金額$6.2m Pick value $7.762m

3

イアン・アンダーソン ブレーブス、右投手
契約金額$4.0m Pick value $6.510m

4

ライリー・ピント ロッキーズ、右投手
契約金額$4.8m Pick value $5.258m

5

コーリー・レイ ブリュワーズ、外野手
契約金額$4.125m Pick value $4.382m

上位5人はみんな割り当てられたスロットより低い金額で契約していることがわかる。それだけ今年は小粒だった事を示している。特に上位3人はスロットよりかなり低い金額で契約した。3球団とも下位の指名でオーバースロットな契約を提示して有効活用する算段だ。

残る注目選手は学生ナンバーワン投手のA・J・プックが全体6位でアスレチックスに。最もポテンシャルを秘めているされるジェーソン・グルームが全体12位でレッドソックスに指名されている。

次は契約締め切りの後に振り返ることとしよう。

2016年ドラフトメモ

2016年のドラフトも終了。今年は大学生が小粒と言われたからか、誰が全体1位指名になるか全くわからなかった。フィリーズが選んだのは高校生外野手のミッキー・モニアック。特筆すべきツールは無さそうだし、まだ線も細いけど、良い選択だったと思うね。いくつか動画をチェックしてみたけど、いつも笑顔で野球が心底好きそう。野球は頭でやるスポーツだから、彼みたいなナイスガイは良い選択じゃないかな。

高校生外野手の全体1位と言うと、2003年に当時のデビルレイズがデルモン・ヤングを指名している。彼は期待ハズレだったね。ちなみにハーパーはボラスが知恵を働かせて、高校やめてカレッジからドラフトされてる。他には1999年のジョシュ・ハミルトン。さらに遡ると1987年にあのケン・グリフィー・ジュニアがいる。

他に個人的に注目していたのは大学生左腕のA.J.プック。以外にアスレチックスの6位指名までに沈んだ。まあ大学生投手としては1番目に指名されたけど。

ポテンシャルは今年飛び抜けてるとされて、カーショウと比較されているジェイソン・グルームはなんと12番目のレッドソックスまで指名されなかった。ドラフト前にあのヴァンダービルト大への進学を辞めたり、高額な契約金を要求しているなど悪いニュースが影響。

まずはみんな契約するかどうかがポイントだね。

新世代ショートストップの出だしをチェック

ここ数年ショートの世代交代が急激に進んでいるけど、23歳以下の超若いショートストップの成長を負ってみたい。去年ブレイクしたコレア、リンドーアを始め順調なスタートを切ったと言える。

記録は5/13時点。

カルロス・コレア(アストロズ。プエルトリコ、21歳)

.269/.380/.433

2年目のジンクスも無く頑張ってると思う。なんたってまだ21歳だからね。ただ守備に関しては不安視する声が出てきてる。価値を最大に生かすならばコンバートが必要かも。

フランシスコ・リンドーア(インディアンズ。プエルトリコ、22歳)

.299/.357/.368

すでにメジャーを代表するショートに成った印象。ゴールドグラブ級の守備とシュアなバッティング。新人だった昨季のパワーは影を潜めているが、今年が本来の姿だろう。ショートとしては文句なしの開幕スタートを切ったと思う。

ザンダー・ボガーツ(レッドソックス。オランダ=アルーバ、23歳)

.333/.385/.483

守備も打撃も昨季同様の安定感。メジャーを代表する安打製造機に成長したと言える。少しずつ強い当たりも出てきてるみたいでスーパースター誕生の予感。

ケテル・マーテー(マリナーズ。ドミニカ、22歳)

.290/.319/.397

アリーグの他の3人と違い、トッププロスペクトでは無かったけど今のところ十分な活躍をしている。リンドーアと同じ年だけにまだまだ成長の可能性はあるね。

コーリィ・シーガー(ドジャース。アメリカ=ノースカロライナ。22歳)

.269/.331/.425

攻撃は期待通り。ショートは無理と言われた守備でどこまでできるかが鍵だと思う。

アディソン・ラッセル(カブス。アメリカ=マイアミ。22歳)

.264/.379/.427

チームの好調の波に乗って攻撃でも存在感を発揮している。守備はショートで出来ることを昨年証明済み。一年通して今の打撃を続けられたらメジャーを代表するショートと言えるね。

トレバー・ストーリィ(ロッキーズ。アメリカ=テキサス。23歳)

6戦で7発と歴史的なデビュー。まだ彼の力を評価するには時期尚早だけど、また楽しみな若いショートが出てきたね。

ジュリクソン・プロファー(レンジャーズ。オランダ=キュラソー、23歳)

コレア、ボガーツ以上に騒がれた若者は怪我で過去2年出番なし。現在は3Aで調整中。リンドーアくらいの力は持っていそうなだけに、復活してほしいところ。

 

 

エースの条件

このオフは歴史的にも多くの「エース」と呼ばれる投手たちがFAとしsi市場に出て、契約した。FAのエース級なんて予算的に獲得できない球団も存在するが、エース級と呼ばれた4人の投手はいずれも1億ドル以上の契約を手にした。

そもそもエースとは何か。評論家やファンの間でも明確な答えはないはずだ。多くは印象によってエースと呼ばれるようになり、ある人がエースだと呼び出しても他の評論家は別の尺度から彼をエースでは無いと言ったりもする。私の中で答えは単純だ。チームで最も信頼できる先発投手。これだけ。

我ながらなんとも漠然とした答えだと思う。人によってはもう少しはっきりした答えをお持ちかもしれない。たくさんのイニングを投げる投手とか、球が速い投手とか。

最近のエースは球が速いことが多い。バーリーみたいな軟投派のエースって絶滅危惧種だよね。でも、過去のマダックスをエースと呼ぶのに抵抗がいる人はいないだろうし、クリフ・リーも速球派では無かった。彼らがポストシーズンに進んだ場合は彼らを中心にローテーションを考えるはず。もっとも信頼できるからその投手を中心に考える。だから漠然としているけど、もっとも信頼できる投手をエースと呼ぶことにした。

この基準だと今オフエースと呼べるのはデビッド・プライスしかいない。グレインキーにはカーショウというエースがいたし、ジマーマンにもシャーザーというエースがいた。クエトはレッズ時代はエースだったが、ロイヤルズでは(というより単純にアメリカンリーグの壁に塞がれたのかもしれない)エースとは言い難かった。

クエトが契約したジャイアンツにはバムガーナーという絶対的エースが存在するが、グレインキーとジマーマンはエースになれるのか。どういう成績を残せば最も信頼できる投手と呼べるのか。もう少しデータで調べてみたい。

先発投手の実力を測る主な指標にはイニング数、防御率、奪三振数がある。まずイニング数の上位を見てみると、昨季200イニング以上投げた投手はわずか28人。30球団平均で一人もいない計算だから、これは十分エースの条件だと言える。この点ではグレインキー、クエト、ジマーマンともクリアしている。今オフのFAでは他にもラッキー、サマジーヤ、コルビー・ルイスも含まれており、バーリーは惜しくも29番目だ。

次に防御率では、3.50以下の投手は31人だからこれをエースの上けんとしよう。全投手で最も防御率の良かったグレインキーはもちろん、クエトも29番目で入っているが、ジマーマンは40番目だ。その他ではラッキーが10番目だった。最近人気のFIP見てみると、グレインキーが6番目。クエトが28番目。ジマーマンはこの点でも38番目だった。

最後に奪三振数。これをエースの条件に含める事に抵抗を覚えるが、ポストシーズンでは三振が取れる方が安心してみることができる。年間200奪三振以上を記録したのは18人しかいない。グレインキーが丁度18番目。クエトは25番目、ジマーマンは40番目だった。ラッキーは27番目だった。

去年の成績でいうと、グレインキーは十分エースと呼んで良い。ロイヤルズではサイヤング賞を取ったほどの投手だったし新天地のダイヤモンドバックスではローテーションを引っ張れるはず。疑問なのはジマーマン。エースと呼べるほどの力は無いかもしれない。ジマーマンはナショナルリーグからアメリカンリーグに移籍する。クエトが苦労した様に、まずは適応できるかがポイントとなる。ジマーマンが移籍するタイガースのいる中地区はそれほど攻撃的なチームはいない。その点は彼にとって幸いになるかもしれない。

ジマーマンよりラッキーの方がエースと呼ぶに相応しい。キャリア終盤のラッキーの方が遥かに安い契約だが、カブスは良い買い物をしたかもしれない。また今オフ契約した中ではサマジーヤは防御率が悪いがなかなかの契約をジャイアンツから勝ち取ったがこれも金額が見合うか疑問だ。チェンも高額を得たが200イニング投げたことがない。次回は昨オフ契約した3人のエース格の成績を検証してみたい。

ジャイアンツのローテーションはエースだらけ

2010年から隔年で世界一になっているジャイアンツ。今年も2年振りに優勝することができるだろうか。

今オフは先発投手二人、クエトとサマジーヤの大補強に大金を投入。出来上がったローテーションはなんと全員エース。

  • バムガーナー 現エース
  • クエト 前レッズのエース
  • サマジーヤ 元カブスのエース
  • ピービィ 元パドレスのエース
  • マットマット・ケイン 元エース

全員がエースなピッチングすることははっきり言ってありえないけど。経験という意味では非常に大きな力を大事な場面で発揮するかもしれない。今年はジャイアンツから目が離せないね。

ブレイク・スネル 去年マイナーで最も活躍した選手

USA Todayが選出するマイナーリーグプレイヤーオブイヤーに選出された投手、ブレイク・スネル。同賞は文字通り一年間で最も活躍したマイナーリーガーを選出するもの。興味深いのは選出されるとその後にメジャーで活躍する可能性が高い。過去10年間の結果は以下の通り。これ以前にもスター選手がゾロリといる。

2005: フランシスコ・リリアーノ

2006: マット・ガーザ

2007: ジャスティン・アップトン

2008: デビッド・プライス

2009: ジェイソン・ヘイワード

2010: ジェレミー・ヘリクソン

2011: ポール・ゴールドシュミット

2012: ウィル・マイヤーズ

2013: ザンダー・ボガーツ

2014: クリス・ブライアント 

例えば2011年に選ばれたゴールドシュミットの場合、2011シーズン開幕前はプロスペクトのトップ100にも入っていなかったが現在ではメジャーを代表する一塁手へと成長している。歴代に名前を挙げられた選手を見ると、メジャー昇格前の選手ばかりではあるものの、ここまで活躍する選手が多いので同紙のスカウトは結構注目して良いのでは無いかと感じている。

スネルは昨シーズンマイナーのどのレベルでも打者を翻弄したが、直近のMLB.comのランクでは41位とそれほど評価が高いわけでも無い。来季、メジャーデビューするチャンスは高いと思うが、結果が楽しみなピッチャーだ。

 

2016展望–ナショナルズ

ここ2年ほど土日しか試合を観戦できなくて、2014シーズンはほとんど知らないチームも出てきちゃって、去年のオフは全球団注目選手を絞ってみた。結構2015シーズンは楽しめたから今年も同じ作戦で準備しようかなと。一番最初に初回するのは合衆国の首都、ワシントンD.C.にあるナショナルズから。

チームを代表する選手 ブライス・ハーパー

エース マックス・シャーザー

注目の選手 トレイ・ターナー

2015観客動員数 2,619,843(77.9%)

主な放出 ダグ・フィスター、ジョーダン・ジマーマン(タイガース)、デナード・スパーン、イアン・デズモンド、ユネル・エスコバー(トレード、エンジェルス)

主な獲得 ダニエル・マーフィー(二塁手)ショーン・ケリー(リリーフ)ユスメイロ・プティット(リリーフ)

昨年は怪物ハーパーがとうとう覚醒してMVPを獲得。昨オフ獲得したシャーザーは期待通りの活躍。しかしチームは残念な成績に終わった。昨シーズンは得点–失点=+68と悪くなかった。メッツは+70だったからほぼ同じ。だけど成績にこれだけ差が出たのはチームが機能していなかった証。細部はまだ埋める必要のある溝がたくさんあるから開幕までにまだ動くはず。

核となるエースと野手がいるのだから優勝を狙うべき位置にいる。ストラスバーグや三塁手のレンドンなど他にも良い選手がいるし。デズモンドがFAとなったショートの穴はルーキーのトレイ・ターナーが埋める見込み。ターナーはソウザとウィル・マイヤーズのトレードに絡んでナショナルズがパドレスからメインで獲得した選手。スカウティングでは打率を残せて守れるショートに慣れると予想されている。メジャーにすんなり定着できるかはナショナルズ躍進の鍵だ。

 

ペドロ・マルティネスの再来?アンダーソン・エスピノーサ

先月ドジャース傘下のプロスペクト、フリオ・ウリアスを紹介したが、もう一人、10代の投手を紹介する。それはレッドソックス傘下のアンダーソン・エスピノーサ。

ベネズエラ出身で2014年夏にインターナショナルFAとしてボストンと契約し、来年の三月にようやく18歳になる。同国の投手としては史上最高額の契約金を獲得と契約時から各球団の注目を浴びていた。身長は6フィート(約183センチ)とメジャーの投手としては小柄だが2015シーズンはグングン球速が上がり、すでにラクラク95マイル超の速球を投げる。(下記のBaseball Americaのビデオで球速を読み上げているが確かに速い)

スカウトの評価が高いのは球速よりもスムーズでバランスの良いフォームから繰り返しストライクを投げられる点。2015年はマイナーで58.1イニングで14四球しか許していない。このままコマンドと変化球を磨いていけば大エースになる可能性を秘めている。

 

QOされた野手はほとんど越年かな?

もう今年も残り僅か、ジェイソン・ヘイワードは契約したけどまだたくさん野手のFAが残っている。まあ今年のFA市場は小粒だったからね。

アップトン弟、セスペデスとクリス・デービスは大物と言えるからタイミングの問題なんだろうが。ゴードン、デズモンドにファウラーはいつ決まるかな。ゴードンは成績に比してリーダーシップを持っている分、かなりの高額になりそうとの噂。年齢的に将来不良債権にならんと良いが。デズモンドは安定しないからな。ファウラーは地味だけど出塁率が高くて安定感あるから結構一押し。ただ守備が悪いからレフト起用すべき選手とは思う。

ただ今年はQOが多いから。ドラフト1巡目を諦めて思い切った定時をする球団がいるかどうか。ドジャースはまだ金が余ってそうだけど求めてるポジションとは違うかな。ボストンはもうFAは取らないと思うね。

まあここからは気長に眺めていきましょう。

ちょっと変わった三角トレード

ホワイトソックスが三角トレードでトッド・フレイジャーを獲得。でもこのトレードはちょっと変わっていた。

レッズ(フレイジャー)→ホワイトソックス(プロスペクト3人)→ドジャース(プロスペクト3人)→レッズ

3球団で絡み合うことが通常なのが三角トレードだが、循環するように選手を一チームに送り出すだけで絡み合うことが無かった。もっと不思議だと言われているのは、レッズが獲得したプロスペクト3人よりドジャーズが獲得した3人の方が価値が高いと言われていることだ。ドジャーズがなぜそのままフレイジャーを獲得しなかったのか?レッズがとうしてこんなに安売りしたのか?なんて言われている。

まあプロスペクトが関わるトレードなんて数年経ってみないと結果はわからないもんだが。