2012シーズンの注目ポイント①−ストラスバーグ

ようやくストラスバーグが開幕からメジャーで投げるシーズンがやってくる。しかも開幕投手としていきなり登場する。まだあまり彼のことを知らない方のためにちょっとだけ紹介しよう。

ストラスバーグは2009年にドラフト全体1位でナショナルズから指名された。2008年のオリンピックで投げていた大学生の豪腕投手といえば記憶にある方もいるかもしれない。すぐに2010年シーズン途中でデビューしたが、まもなくトミー・ジョン手術となって離脱。去年はリハビリ程度に終盤メジャーで投げただけ。そんなストラスバーグがようやくフルシーズンを迎える。

彼の速球はとにかく速い。デビュー年の4シームの平均急速はなんと97.6マイル。157キロ。万全ではないはずの去年ですら96マイル。154キロ。カーブとチェンジも切れて空振りを取れるし、コマンドも良い。そう、まるで夢のような投手。それがストラスバーグだ。

ポテンシャルはバーランダーやハラデイよりも高い。そんな彼が開幕から観られる素晴らしいシーズン。チームは負傷あけということでイニング制限をかけるらしいが、それでも彼が一年間投げるインパクトは大きいはず。ナショナルズは少しずつだが戦力も整ってきたし、楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です