タイガースがトリイ・ハンターを獲得。ペイロールをチェック。

タイガースがトリイ・ハンターを早くも獲得。今年も大物野手を獲得。かなりのタレント軍団になってきました。すでに、最高のピッチャーと最高のバッターを保有するタイガースですが、ハンター獲得でお財布の方はどうなのか?チェックしてみます。

まずは来季2013シーズンですでに契約済の総額はどうなっているか?おなじみのCot’sを見てみましょう。

2013-18 payroll obligations

すでに$98.2mmと一億ドル近く。さすがに1000万ドル超の高額年俸選手を4人抱えている球団だけあってすでに大金。

ここにハンターの年俸(仮に$13mmとする)と、

年俸調停者の給料が加算されてきます。

年俸調停に関してはMLBTRの
Offseason Outlook: Detroit Tigers 
を参考にします。

シャーツァー $7.5mm
ポーセロ $4.7mm
コーク $1.7mm
フィスター $3.8mm
オースティン・ジャクソン $3.1mm
アビラ $2.5mm

全部合計すると、すでに$135mm程度。(ボッシュとレイバーンはオファーされない予想です。)これまで2008シーズン前の$137mmが最大でしたがそれを超えてくることは間違いなさそう。まだ外野手やリリーフなど補強ポイントは残っています。

それにしても来年はビクター・マルティネスも復帰する見込みで楽しみな打線です。

オースティン・ジャクソン CF
トリイ・ハンター RF
プリンス・フィルダー 1B
ミゲル・カブレラ 3B
ビクター・マルティネス DH
アレックス・アビーラ C
ジョニー・ペラルタ SS
オマー・インファンテ 2B
アンディ・ダークス LF?

適当に並べたものの破壊力ありそう。それにしても走れなさそうなチームですが……

もちろんトレードが起こるかもしれないのでメンバーは変わるかもしれません。でもここまでシンプルなチームも今時珍しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です