早打ちバッタートップ30

辛抱強い打者をやったので逆の早打ちバッターのトップ30です。2012シーズンでP/PA、一打席あたりに投げさせる球数が少ないバッターのランキング。早速観ていきます。

2013-01-14 15.45 のイメージ

トップはエンゼルスのエリック・アイバーでした。一打席あたり投げさせるのは3.27球。去年もっとも辛抱強かったアダム・ダンより1球以上少ないという結果に。それ以下ざっと見渡しても早打ちの印象が強い選手が順等に並んでいる印象を受けます。

イチローもやっぱりいて13番目。イチローのようにバッティングのうまい選手が結構ランクインしているかなーと。これらの選手は積極的に打ってでて結果がでれば文句ないですが、チャンスであっさり凡退とかするとイラッとさせたりもします。好みが別れますよね。P/PAの数値をみれば自分の好みにあった球団が見つかるかも。

興味深いのはブラントリー。ボール球に手を出さない打者でランクインしていたのに、早打ちだという結果に。これは早いカウントで勝負をかけるということなのでしょう。似たような選手をさがしていくのも面白いかもしれません。

それではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です