クリント・フレイジアー。最もエキサイティングなドラフト選手。

クリーブランド・インディアンスに全体5番目で指名されたフレイジアー。先日早くも契約金$3.5mで入団に合意しました。ドラフト当日、スタジオに呼ばれていた選手の中では一番最初に指名されていました。スタジオに足を運ぶくらいですから、サインすると決めていたのかもしれません。なんたってスタジオに来たら指名球団のユニフォームを着て記念撮影するくらいだから。

全体5番目での指名ですが、そのポテンシャルは今ドラフトでNo.1と言われています。

注目すべきはそのスイング。私も高校生のスイングとしてはあのブライス・ハーパー以来の衝撃を受けました。コンパクトですがインパクトの瞬間はとてもエネルギーに溢れていて、何よりスイングスピードがとても早い。超絶スイングのポテンシャルはアッペルよりも誰よりも夢をもたせてくれます。

高校生だからもちろん大学生よりリスクは高いですが、指名が5番目になった理由はそのサイズにあると思われます。5フィート11インチ(約180センチ)と日本のプロ野球なら十分なサイズですが、メジャーでは小振り。大柄な選手を好むメジャーのスカウトたちの間では評価が別れるところかもしれません。

ただかれのセールスポイントはスイングだけではありません。メジャーでセンターもできるかもしれないという守備力はライトなら十分。肩も良く、足も早いとのことなのでインディアンズなら意外と早くメジャーに昇格するかも。上のVTRを観ても分かる通り、高校生とは思えない落ち着きぶり。これは目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です