クオリファイング・オファーのメモ

ちょっとアップするには遅いですが自分へのメモとして載せときます。来週明けには諾否がわかるけど、受けるとすれば黒田とグランダーソンくらいかな?

・インディアンスがウバルド・ヒメネスにクオリファイング・オファー

・ロイヤルズがアービン・サンタナにクオリファイング・オファー

・ヤンキースがカノー、黒田、グランダーソンにクオリファイング・オファー

・カーディナルスがベルトランにクオリファイング・オファー

・レッドソックスがエルズベリー、ナポリ、スティーブン・ドリューにクオリファイング・オファー

・ブレーブスがマッキャンにクオリファイング・オファー

・マリナーズがケンドリス・モラレスにクオリファイング・オファー

・レッズがチューにクオリファイング・オファー

・レンジャーズがネルソン・クルーズにクオリファイング・オファー

噂にはのぼったがオファーされなかったのがパイレーツのバーネット。ブルージェイズのジョシュ・ジョンソン。レッズのブロンソン・アローヨ。レッドソックスのサルタラマッキア。

ウバルド・ヒメネス
アービン・サンタナ
ケンドリス・モラレス
黒田
カーティス・グランダーソン
マイク・ナポリ
スティーブン・ドリュー
ジャコビー・エルズベリー

ネルソン・クルーズ
ブライアン・マッキャン
カルロス・ベルトラン
ロビンソン・カノー

総勢13名がクオリファイング・オファーを受けました。このうちからいくつドラフト補償が生まれるか?強豪球団はたくさんドラフト補償が発生して、さらに自分たちがこれらの選手をかくとくしなければ指名順位が繰り上がることになります。ただし上位10位以内の指名権はプロテクトされていますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です