トレードプレイバッグ。マット・ガーザのトレード

2007年の昨日11月28日はレイズがトレードでマット・ガーザを獲得した日。このトレードはレイズに初のワールドシリーズ出場をもたらした。

トレード相手はツインズ。3対3のトレードだったがレイズはガーザの他に遊撃手のジェイソン・バートレットも獲得している。ガーザはALCSでレッドソックスを破る最大の立役者となって一躍スターに。バートレットも2008年のレイズMVPと言われ、後にオールスターにも選ばれた。レイズが代わりにメインとして放出したのはデルモン・ヤング。当時ヤングはトッププロスペクトでしたがその後はご存知の通り。ブクブク太ってパッとしないまま現在に至っている。レイズが明らかに勝利したトレードでした。

もうすでにガーザもバートレットもレイズには在籍していない。ガーザはカブスにトレードで出されましたが、その際レイズはしっかり今年活躍したクリス・アーチャーを獲得。ガーザ放出は金銭面からの理由だったと思うが、振り返るとレイズはガーザにしろバートレットにしろ、一番いい時だけ在籍させたなという印象。

もうあれから6年経ったのかと感じるが、このくらいで振り返るのが面白いタイミングかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です