トラウトに匹敵する?バイロン・バクストン

これから発表されるほとんどのランキングでバクストンがNo.1のプロスペクトに選ばれるはず。来シーズンはセプテンバーコールアップくらいで、本格メジャーデビューは2015シーズンになると予想されるが、それでもポテンシャルの高さから彼が一番の有望株と推すスカウトは多い。

バクストンは2012年のドラフトでツインズから全体2位で指名された。来シーズンを二十歳で迎える中堅手だ。6フィート2インチでスラッとした体型はいかにもアスリート。

今のとこら一番のセールスポイントは足。トップクラスのスピードを持つらしいがマイナーでは結構失敗が多かったりと勉強が必要みたい。センターの守備も平均以上で肩も強い。体型もそうだけどアップトン兄と比較されることも多い。

バッティングもマイナーでは成績を残していて出塁率も高い。パワーは未知数だが平均以上に成長できれば弱点もなく正に第二のトラウトの出来上がり。(トラウトの場合は肩は強くないか)


ただしまだ来年ダブルAの段階なので今後順調に成長するかは分からない。トラウトになれるのか?それともアップトン兄くらいどまりか?

サノーにバクストンと球界でもトップクラスのプロスペクトを2人も持つツインズ。ここ最近は低迷しているが未来は明るそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です