ホームプレートでの衝突プレーが禁止に

MLBがとりあえず1年間本塁での衝突プレーを禁止に。実験的な処置なのでまずは1年間。一部選手から反対の声が出ているので来年以降も適用されるかどうかは今年運用してみて反応を見るということでしょう。

この新ルールが出来た理由はもちろん衝突プレーが危険だから。選手を怪我から守るというのが背景にある。ここ数年で起きた大怪我といえば下記の二つのプレーを思い出す。痛々しいからこういうの苦手な人は見ない方がいいかも。

一つ目はジャイアンツのキャッチャー、バスター・ポージー が負傷したシーン。足が曲がっちゃてる。

二つ目はランナー側のスティーブン・ドリューが負傷したシーン。こちらもおかしな方向に足が曲がってる。

2人ともその後無事に回復。ポージーは驚きの回復力でMVPも受賞、ジャイアンツを再びワールドチャンピオンに導いた。ドリューはメジャーでも有数のショートへと復活。レッドソックスでワールドシリーズ制覇に貢献。2人とも幸いだったけどもちろんこんなおぞましいシーンは起きない方がいいわけで。

2014シーズンは衝突プレーが元でセーフになっても審判は判定をアウトへ覆すことが出来る。これだけならキャッチャー有利になることが懸念されるが、逆にキャッチャーがランナーの進路をふさいでアウトにした場合、審判はセーフへと判定を覆すことが可能に。

ここらへんのバランスが難しい。本塁でのクロスプレーは得点が入るか入らないか?流れを左右するゲームの重要なポイントであることが多い。ベースボールの中でも最もエキサイティングなシーンの一つ。厳しくしすぎて選手たちが自重しすぎればゲームの面白さが失われることになる。審判の裁量が増えるので判定を巡る議論も増えるだろう。1年でうまく起動にのるか?

基本的にはこのルールには賛成。やっぱり選手が怪我したり脳震盪を起こして欲しくないと願う。しかし審判が経験を積んでうまく判定を下せるようになるまでには時間がかかると予想する。どこまでが進路妨害でどこまでが危険なタックルなのか?微妙な時ほど危険な場面になりやすいからね。

選手やチーム関係者、評論家やファンが多いに議論してルールを作り上げて良いと感じる。選手の怪我が減り、面白さも失われないようにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です