今年のドラフトのボーナススロット

ベースボールアメリカに情報が載っていた。

まだ気が早いけど。5月くらいから有力候補をチェック紹介したいかな。

順位 球団 ボーナス
スロット
補償内容
1 ダイヤモンドバックス $8,616,900
2 アストロズ $7,420,100 昨年ブレイディ・エイケンと契約できなかった補償
3 ロッキーズ $6,223,300
4 レンジャーズ $5,026,500
5 アストロズ $4,188,700
6 ツインズ $3,889,500
7 レッドソックス $3,590,400
8 ホワイトソックス $3,470,600
9 カブス $3,351,000
10 フィリーズ $3,231,300
11 レッズ $3,141,600
12 マーリンズ $3,051,800
13 レイズ $2,962,100
14 ブレーブス $2,842,400
15 ブリュワーズ $2,692,700
16 ヤンキース $2,543,300
17 インディアンズ $2,393,600
18 ジャイアンツ $2,333,800
19 パイレーツ $2,273,800
20 アスレチックス $2,214,000
21 ロイヤルズ $2,184,200
22 タイガース $2,154,200
23 カーディナルス $2,124,400
24 ドジャーズ $2,094,400
25 オリオールズ $2,064,500
26 エンゼルス $2,034,500
27 ロッキーズ $2,004,600 マイケル・カダイヤー
28 ブレーブス $1,974,700 アービン・サンタナ
29 ブルージェイズ $1,944,800 メルキー・カブレラ
30 ヤンキース $1,914,900 デビッド・ロバートソン
31 ジャイアンツ $1,885,000 パブロ・サンドバル
32 パイレーツ $1,855,000 ラッセル・マーティン
33 ロイヤルズ $1,825,200 ジェームズ・シールズ
34 タイガース $1,795,100 マックス・シャーザー
35 ドジャース $1,756,100 ハンリー・ラミレス
36 オリオールズ $1,711,900 ネルソン・クルーズ

アストロズは去年全体1位指名したエイケンとの契約に失敗したから今年の2番目指名をもっていて、さらに全体5番目指名権を持っているからかなり予算がある。まあドラフトは気の長い話だからじっくり見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です