プーホルズがBABIPワースト

2015シーズン、規定打席到達者で最もBABIPが低かったのはプーホルズだったが、彼のスタッツはとても興味深い。

プーホルズのBABIP       
SeasonTeamGHRBB%K%BABIPAVG
2001Cardinals1613710.2%13.8%.336.329
2002Cardinals1573410.7%10.2%.308.314
2003Cardinals1574311.5%9.5%.346.359
2004Cardinals1544612.1%7.5%.298.331
2005Cardinals1614113.9%9.3%.316.330
2006Cardinals1434914.5%7.9%.292.331
2007Cardinals1583214.6%8.5%.317.327
2008Cardinals1483716.2%8.4%.340.357
2009Cardinals1604716.4%9.1%.299.327
2010Cardinals1594214.7%10.9%.297.312
2011Cardinals147379.4%8.9%.277.299
2012Angels154307.8%11.3%.282.285
2013Angels99179.0%12.4%.258.258
2014Angels159286.9%10.2%.265.272
2015Angels157407.6%10.9%.217.244
Total- - -227456011.8%9.9%.297.312

昨季のBABIPは.217とかなり低く、彼のキャリアにおいても最低だったが、.244と打率もキャリア最低だった。

BABIPは2011年から明らかに低下傾向であるので、これは明らかに衰えの兆候だろう。

とても興味深いことに、彼は打率よりBABIPの方が低いことがほとんどである。非常に三振が少なく本塁打が多いことが要因だが、最高でも.346と高くない。キャリアでも.297と通算.312の打者としては驚くべき数字だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です