ちょっと変わった三角トレード

ホワイトソックスが三角トレードでトッド・フレイジャーを獲得。でもこのトレードはちょっと変わっていた。

レッズ(フレイジャー)→ホワイトソックス(プロスペクト3人)→ドジャース(プロスペクト3人)→レッズ

3球団で絡み合うことが通常なのが三角トレードだが、循環するように選手を一チームに送り出すだけで絡み合うことが無かった。もっと不思議だと言われているのは、レッズが獲得したプロスペクト3人よりドジャーズが獲得した3人の方が価値が高いと言われていることだ。ドジャーズがなぜそのままフレイジャーを獲得しなかったのか?レッズがとうしてこんなに安売りしたのか?なんて言われている。

まあプロスペクトが関わるトレードなんて数年経ってみないと結果はわからないもんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です