スーパー2

メジャー経験3年以上ならば年俸調停の権利を取得する。

しかし一部の選手はメジャー二年目でも調停権を取得できる。

それがスーパー2。

以下の条件を満たす選手に与えられる。

・メジャー経験2年以上3年未満で前年の選手登録日数が86日以上(172日で一年換算だから半分以上てことだな!)在籍した選手であること。

・上記の条件に該当する選手の中で累積MLSが上位17%に入る選手。

つまり毎年MLSの数値は変動することになる。

たとえば2009年は2.139だけど2010年は2.122だった。

年俸調停の時期を遅らせるために球団側は有望選手を5月とか6月にデビューさせたりする。

選手からすると一年余計に最低年俸で働かされる可能性がある。

そんな不公平を是正する意味があるのだろうか?

昨日書いたメジャーリーグサービス(MLS)を調べた時に一緒に分かったこと。

またひとつ勉強になったな。