スーパー2

メジャー経験3年以上ならば年俸調停の権利を取得する。

しかし一部の選手はメジャー二年目でも調停権を取得できる。

それがスーパー2。

以下の条件を満たす選手に与えられる。

・メジャー経験2年以上3年未満で前年の選手登録日数が86日以上(172日で一年換算だから半分以上てことだな!)在籍した選手であること。

・上記の条件に該当する選手の中で累積MLSが上位17%に入る選手。

つまり毎年MLSの数値は変動することになる。

たとえば2009年は2.139だけど2010年は2.122だった。

年俸調停の時期を遅らせるために球団側は有望選手を5月とか6月にデビューさせたりする。

選手からすると一年余計に最低年俸で働かされる可能性がある。

そんな不公平を是正する意味があるのだろうか?

昨日書いたメジャーリーグサービス(MLS)を調べた時に一緒に分かったこと。

またひとつ勉強になったな。

メジャーリーグサービス(MLS)

MLBの各チームは、選手がメジャーに在籍している期間を管理している。

特に3年(調停権獲得)と6年(FA権獲得)というのは節目の重要な時期。

そんな選手のメジャー経験を示すのがメジャーリーグサービス。

MLSって約されて表記されることも多いですね。

でもこのMLSは小数点3桁で示されていてよく分からないし、どこまでいったら繰り上がるのか分からないので調べてみた。

MLSは選手が何日間メジャー登録(ロースター)されたかを測るもの。

選手のキャリアの様々なステップ(調停権取得とかFA権取得など)を算出するのに使われる。

だからMLSは年数と日数を一緒に示されているんだね。

例えば2年と123日登録されたキャリアを持つ選手ならば、2.123という風に書かれるわけ。

シーズンの期間は毎年代わるけれど、172日以上登録されたら1年でカウントされる。

3.000以上で調停権を取得。(実際は例外としてスーパー2がある。)

6.000以上でFA権を取得。

10.000以上で5年間以上現在のチームに所属している選手にはトレード拒否権がさずけられる。

選手のMLSについて知りたい時はCot’sで調べる。リアルタイムじゃないけどある程度参考になるはず。

コマンドとコントロール

恥ずかしながらコマンドとコントロールは別物であることを最近知りました。

Command=コントロールで日本語にありがちな誤英語として定着したものと思い込んでいた。

元はといえば多分、昔やったEAsportsのMLBゲームでコントロールという言葉が無くてコマンドしか無かったのではと思う。

もう10年近く勘違いしてきましたよ・・・・・・

MLB.TVを観戦していてもコマンドって単語の方が多く出てくる気がするしね(笑)

コマンド=狙ったところに投げる能力

コントロール=ストライクを投げる能力

確かにこの二つの能力って別物だな。

クリフ・リーはどっちもすばらしいですね。

同じ左腕のサバシアとレスターは四球は結構出すけどコマンドは悪くない気がする。

松坂はどっちも悪い・・・・・・

レンジャーズの本拠地アーリントンてどこ?

いまさらだけどレンジャーズの本拠地、アーリントンて他で聞いたことが無い。

昨日全米第5位のメディアマーケットだと知ったがそんなおっきな街なの?

調べたら人口40万弱の都市ということでやっぱりそんな大きくは無い。

そもそもテキサス州自体がメキシコの近くといういことくらいしか知らない自分・・・・・・

テキサス州の位置

ア・リーグ西地区に所属しているけどほとんど中央部に位置していますね。

だけどダラス・フォートワース都市圏という中にあってその都市圏全体として全米第5位ということらしい。

地図で見るとちょうどダラスとフォートワースという2都市の間にありますね。

[googlemap lat=”32.75127907639747″ lng=”-97.08227634429932″ width=”300px” height=”200px” zoom=”8″ type=”G_NORMAL_MAP”]レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントン[/googlemap]

(拡大していくとレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンを指しているはず・・・・・・)

ダラスは100万人以上でフォートワースは100万人弱。

都市圏としては500万人以上というからかなりの規模ですね。

一つ勉強になったな。

ワールドシリーズの視聴率は最低だった。

あっけなくジャイアンツが4勝しましたね。

個人的には内容がイマイチなシリーズだったと思う。

レンジャーズの打線は湿ってたし、クリフ・リーのコマンドは甘かったし・・・

でもジャイアンツは自分たちの野球を貫いてお見事だった。

守護神のウィルソンと新人ながらチームを引っ張ったポージーが気に入りました。

初戦から視聴率が低いことが報道されていましたがシリーズ通しても低かったみたいです。

日本人からすると割と地味な2チームだったから納得できる様な気がするけど、

全米で5番目と6番目のメディアマーケットを持つ2チームの対戦だったというからそれほど地味でもないんですね。

だんだんワールドシリーズの視聴率が低下傾向にあると言われておりますからトレンドそのままといえばそのまま。

過去10年のワールドシリーズの視聴率をまとめました。

出所は簡単、ウィキペディア

この表を見てると、出場チームのメディアマーケットよりもチームの人気の方が関連がありそう。

2004年が数字が良いけどレッドソックスとカージナルスという人気の2チームの対戦だった。

第7戦までもつれると視聴率が高くなりますね。

必ず勝者が決まるからでしょう。

でももう8年も第7戦までもつれることは起きていない。

もっと盛り上がってほしいですね。

2003年と2004年のALCSの方がよっぽど熱狂しましたから。

ちなみに2004年のALCS第7戦は視聴率19.4%だったそうです。

ワールドシリーズでそれを超えるのは2001年の第7戦しかないなんて・・・・・・

あの試合もすごかったですね。