2011年のドラフトオーダー(アップデート)

ストーブリーグが本格化する前に今年のドラフトオーダーを紹介しました。

その後タイプAフリーエージェントらの補償などで指名の順番に変更が生じましたがそれもFIXしたようです。

なのであらためて紹介します。

今回はドラフト1巡目と2巡目の間のいわゆるサンドイッチピックも加えてみました。

左の表が前回、右の表が今回のアップデート版です。

・34位以降がサンドイッチ指名分。()内が補償をもたらした選手名。
・7位のダイヤモンドバックス、10位のパドレス、15位のブルワーズは去年契約できなかった分の補償。
*1 タイガースがビクター・マルチネスと契約した分の補償
*2 ホワイトソックスがアダム・ダンと契約した分の補償
*3 レッドソックスがカール・クロフォードと契約した分の補償
*4 レンジャーズがエイドリアン・ベルトレーと契約した分の補償
*5 ヤンキースがラファエル・ソリアーノと契約した分の補償
*6 フィリーズがジェイソン・ワースと契約した分の補償

ドラフトの補償で得したのは?

FAのルールをうまく活躍したのはレッドソックスとレイズ。

明らかな結果ですね。

レッドソックスはこのオフ最も補強で成功したチームだが、プロスペクト獲得へも抜け目ない動き。

クロフォード獲得で24番目の指名権をレイズに譲りましたが、19番目と26番目の指名権をゲット。

40番目までに4回指名できることに。

エイドリアン・ゴンザレス獲得でトッププロスペクト3人の大放出ですが、早くも半年以内に穴埋めできるかもしれません。

レイズはなんと1巡目で9回の指名ができることになりましたね。

しかもハウプやクオルズなどさして戦力にならなかった選手から補償を生み出しました。

ヤンキース、レッドソックスとしばらく互角に戦えるかもしれません。