2010オフ移籍市場の重大ニュースを振り返る。

開幕まであと一ヶ月というところでストーブリーグを振り返ってみます。
本当は重大ニュースでなくて10大ニュースにしようと思いましたが、冗長になるのを避けて8つの話題をピックアップ。

1.エイドリアン・ゴンザレスがレッドソックスにトレード。

もっと衝撃だった移籍は他にもあった。ボストンは1年半前から彼を追いかけているという噂だったから突然のニュースではなかったけれどもメディアはかなり興奮していました。レッドソックスがゴンザレスを獲得したことで得られるインパクトは、10年前にFAで獲得したマニー・ラミレスと同等と予想してこのトレードを一位にしました。

2.フィリーズがクリフ・リーを強奪。

衝撃の度合いということではエイドリアン・ゴンザレスのトレードより上だった。ずっとメディアは本命がヤンキースで対抗がレンジャーズと報道していましたからね。リー側の意思決定が近くなってから突如強奪したかたちとなったフィリーズ。アマロGMの手腕は鮮やかでしたね。振り返れば一年前にフィリーズからトレードで放出された際、「残りたかった」と語っていたリー。また戻れて良かったですね。この高額契約がヤンキースのエース、サバシアに及ぼす影響も気になります。

3.ブルージェイズがバーノン・ウェルズの放出に成功。

メジャーの移籍市場好きにとっては上記2つのニュースより衝撃だったともいえるウェルズのトレード。ブルージェイズが過去に結んだ高額契約は不良債権間違いなしとも呼べる内容でした。まさかその不良債権を買い取る球団が現れるとは。しかもメジャーでレギュラーの実力を持つ二人の選手をくれる太っ腹。この1年半でリオス、ハラデイ、ウェルズと主力3選手を放出したブルージェイズ。今後の再建が気になるチームとなりましたね。

4.グレインキーがブルワーズにトレード。

アメリカンリーグのサイヤング受賞者がナショナルリーグに移籍する流れが続いています。サンタナ、サバシア、クリフ・リー、ハラデイ。そして今回のグレインキー。サンタナは健康面の心配からか衰えをみせていますが、他の三人は移籍してから大きく成績を改善しています。グレインキーもハラデイ同様圧倒的な成績を残す可能性は大きいのではないでしょうか?去年のハラデイのように、プレーオフ初参戦できるかにも期待が高まりますね。

5.レッドソックスがカール・クロフォード獲得。

またしてもエプスティーンGMが驚かせてくれました。去年のジョン・ラッキー獲得のときのように青天の霹靂といった印象です。ただしクロフォードの加入がどれほどレッドソックスにプラスになるかは賛否のわかれるところ。すでにスピードスターとしてエルズベリーがいるし期待のケイリッシュもいる。人工芝がホームだったクロフォードは足腰への負担も心配されています。彼をいかすも殺すもGMとフランコーナ監督次第。果たして開幕時は何番を打っているのでしょうか?

6.ナショナルズがジェイソン・ワース獲得。

エイドリアン・ゴンザレスの移籍が報道された直後に発表されたワースの移籍。レッドソックスが本命といわれていましたがナショナルズはかなりの金額を積んで頑張りましたね。年俸が高すぎる契約だと批判されていますが、ストラスバーグが復活する2012年は期待できるチームになっているのではないでしょうか?

7.オリオールズがビッグネームを次々に獲得。

オリオールズといえば2008年以降レイズに代わってアリーグ東地区最弱の名を欲しいままにしていました。期待のマーケイキスは伸び悩んでいるし、パッとしないですね。しかし来年はこれまでと違うかもしれません。ゲレーロにデレク・リー、マーク・レイノルズらの(元?)スラッガーを獲得。彼ら以外にもJJハーディやデュークシャーら有名選手をたくさん獲得しました。去年監督を交代させてからはかなり強かったというデータもあるし、うまく行けば台風の目になるかもしれません。逆に彼らがまったく復活できずにまた最下位で終わるかもしれませんが。

8.どうなるメッツ!?

メッツといえば大型補強はするけど結果が伴わないことで有名なチーム。だけど今オフはまったく目立った動きがありませんでした。GMにサンディ・アルダーソンを迎えたときはどんなチーム作りをするかが期待されましたが、補強する余裕などまったく無かったようです。。オーナーはマドフ関係者で世間の非難の的。しかも資金繰りに困っていてMLBから借り入れまで行っている状況。MLB有数のビッグクラブですが、今後の動向が心配されます。

他にもヤンキースのソリアーノ獲得やタイガースの積極補強など気になる移籍がありましたね。果たしてこのオフの動きが成績にどう反映されるでしょうか?

ピッチャーの投球間隔

先日告知したデータはタイトルの通り、投球間隔に関するデータです。
投球間隔の長い投手だけでなく、短い投手のベスト20も記載されている。
やっぱりって感じだけどインターバルが長い選手はリリーバーの名前がずらり。
緊迫した場面で投げるのだからじっくり考えて投げてるのだろう。
一番長いのはラファエル・ベタンコートで31.3秒。
注目のパペルボンはやっぱり長くて第二位(30秒)。
長すぎて罰金を受けたことがあるくらいですから。
逆にインターバルが短い方は個々の選手というよりチーム毎の平均が興味深い。

アリーグ西地区は投球間隔が短い?
アスレチックス、ホワイトソックス、マリナーズの順で短かったが、
アリーグ西地区のアスレチックスとマリナーズが1位と3位。
この2球団はかなり投高打低のチームですね。
日本でも昔からピッチャーはテンポ良く投げることが大事と言われてきました。
かつての日本のエース、上原浩司投手は1時間59分で完投したこともありましたね。

投球間隔の長い、アリーグ東地区
一方でチーム平均のトップ3はレッドソックス、ヤンキース、レイズでアリーグ東地区で独占。
レッドソックスとヤンキースの試合は長いと有名だけどこれは間違いなく原因の一つでしょうね。
レイズはこの激戦地区でがんばっているのはいいけど、人気を上げるためにはテンポ改善したほうがいいのではと思う?
先日紹介した通り、アスレチックスの投手コーチ:カート・ヤングは来シーズンからレッドソックスのコーチになります。
最もテンポが良いチームから最もテンポの悪いチームに移るということ。
来シーズン終了後、レッドソックス投手陣の投球間隔が縮まるかどうか興味深い。
毎年紹介してほしい企画ですね。

詳細は↓↓↓の記事を参照ください。
ちなみにデータはランナーがいない時を測定したもの。牽制球の分はカウントしづらいため。