三年間Statsー奪三振

ここ数日また大きな余震が増えてきましたね。福島の方はしょっちゅう震度4以上に襲われるのでたまらないでしょう。これ以上被害が広がらないことを祈るばかりです。

今日は3年スパンのStats、投手部門の奪三振数を紹介します。やっぱりピッチャーが三振を奪うと気持ち良いですよね。早速成績を見てみましょう。

順位 名前 奪三振数
1 ティム・リンスカム 757
2 ジャスティン・バーランダー 651
3 CC・サバシア 645
3 ダン・ヘイレン 645
5 ロイ・ハラデイ 633
6 フェリックス・ヘルナンデス 624
7 ザック・グレインキー 606
8 ジョン・レスター 602
9 ウバルド・ヒメネス 584
10 コール・ハメルズ 575
11 AJ・バーネット 571
12 ライアン・デンプスター 567
13 ジェレッド・ウィーバー 559
13 ハビアー・バスケス 559
15 チャド・ビリングズリー 551
16 ジョナサン・サンチェス 539
17 クリフ・リー 536
18 マット・ケイン 534
19 リッキー・ノラスコ 528
20 アダム・ウェインライト 516

全体一位は リンスカム。ダントツです。アメリカンリーグ一位 のバーランダーに100個以上の差をつけています。

サバシア、ハラデイ、ヘルナンデスなど、それほど三振を取る印象でなくても、投球回数の多い投手は奪三振数も多くなることが示されています。球団別も見てみましょう。
アメリカン・リーグ ナショナル・リーグ
RK NAME ERA RK NAME ERA
1 バーランダー 651 1 リンスカム 757
2 F・ヘルナンデス 624 2 U・ヒメネス 584
3 グレインキー 606 3 ハメルズ 575
4 レスター 602 4 ダン・ヘイレン 570
5 AJ・バーネット 571 5 デンプスター 567
6 ウィーバー 559 6 ビリングズリー 551
7 サバシア 517 7 J・サンチェス 539
8 J・シールズ 514 8 マット・ケイン 534
9 アービン・サンタナ 490 9 ノラスコ 528
10 ベケット 487 10 ウェインライト 516

アメリカンリーグは飛びぬけて三振を取るピッチャーがいないですね。正直このデータを見てもあまり語ることが無い・・・・ということで奪三振率も調べてみました。

順位 名前 奪三振数
1 ティム・リンスカム 10.25
2 ジョナサン・サンチェス 9.43
3 ジャスティン・バーランダー 8.81
3 ジョン・レスター 8.72
5 ハビアー・バスケス 8.60

ジャイアンツの二人がワン・ツーフィニッシュでした。バスケスは去年イマイチでしたが、5位になっています。さすがにこのデータでは三振を取れるイメージの強いピッチャーが並びますね。ジョナサン・サンチェスは去年のワールドシリーズではイマイチでしたが、三振の取れる投手が好きな方には是非注目してほしいピッチャーです。