歴代最多6番打者

かなりマニアックだが、面白いデータがあったので紹介。ミスター六番打者は誰か?最近まで活躍した馴染み深い選手の名前も並んでいます。ベニト・サンチアーゴ、ポサーダ、ビニー・カスティーヤ。カスティーヤは強打者のイメージが強いので意外ですね。

The Players Who Have Hit 6th Most Often Since 1919

上位50人中、15人はキャッチャーだったそうです。守備力が重視されるポジションなので6番打者が多いというのは意外ですね。
六番打者へのイメージとして、そこそこのパワー、そこそこの打率、そこそこの出塁率みたいなことも書いてあるが正にそんなイメージがあります。
ポサーダは個人的にもヤンキースの六番を担っていた印象は強いですが、上記の典型的な6番打者のイメージとは全く違いました。中軸を任せられるほどの打力を誇っていたポサーダ。彼をこのポジションで打たせられるからヤンキースは強いわけですが。もう観れないと思うと寂しい。