「松井、頼むから今回だけは打たないでくれ」;MLBラボの松井名場面ベスト1

2003年10月16日、アメリカンリーグチャンピオンシップ最終第七戦。そう、翌年にまで渡るヤンキース対レッドソックスの死闘。ヤンキースに軍配があがったシリーズのクライマックスだ。レッドソックスの先発は、大エース、ペドロ・マルチネス。舞台は敵地ヤンキースタジアムといえど、エースがワールドシリーズに導く可能性は高い。しかもペドロは七回まで二失点と期待通りの仕事をしていて、三点差のリード。ワールドシリーズ進出はもう手の届くところにあった。

八回もマルチネスはマウンドへ。一死となった後、ジーター、バーニー・ウィリアムスの連打で2点差に。そして打順は松井に回ってくる。8回裏一死一塁という場面だった。レッドソックスファンの私はこう呟いたのを覚えている。

「松井、頼むから今回だけは打たないでくれ」

人間の記憶というものは面白い。私はその後の何年も、松井が放ったのは同点打だと思いこんでいた。ヤンキースに流れを呼び込んだ痛烈な一打だったのと、大ファンだった松井に打たれたという二つの大きな衝撃が、事実をねじまげて記憶させたのかもしれない。今見返しても、火の出るような当たり。当時、興奮の絶頂にあった私の脳みそをぐらつかせるには十分すぎた。

今となってはこの打席の後の出来事も思い出せる。当時、中継を観ていた瞬間では、まだレッドソックスにも幸運は残っているように思えた。松井の打球を愚かなファンがさわってしまい、エンタイトルツーベースと判定、タイムリーにならなかったのだ。

しかし驚いたことに、ボストンのグレイディ・リトル監督はこのあともペドロを続投させた。まだリードしていたのに、危機的な状況のなか何も手を打たなかったのだ。次の打順はポサーダ。結果は同点の2塁打。その後延長にもつれこみ、これまた伝説のブーンのサヨナラホームランで終わる。

2009年のワールドシリーズの活躍が、松井にとっての野球人生のハイライトであったことは間違いないけれど、私にとってもっとも印象深いシーンは、この2003年のリーグチャンプオンシップ。10年近く経った今でも、これほど記憶に焼きついているプレーは無いし、これからも無いかもしれない。

ヒデキ、ありがとう。

松井秀喜 MLB全成績

私が一番好きだった野手、松井秀喜の引退から一晩あけました。日本人野手史上、最も偉大といっても過言ではない彼の、メジャーでの成績を振り返ってみます。

まずはレギューラシーズンの成績から

2012-12-29 11.43 のイメージ

やっぱり最初の3年間全試合出場はすごいですね。こうやってStatsを眺めていると初年度の成績は悪くて併殺が一番多い。ゴロキングなんて呼ばれていたことを思い出します。

2004年の成績が一番良かった。これはみんな覚えてると思うけどメジャーでも素晴らしいスラッガーであることを示してくれた。それからはチームプレーが目立っていたのと、怪我があったのとでパワーは若干落ちましたね。でも2009年の成績もこんなに素晴らしかったんだ。

去年はアスレチックスで「疲れが抜けなくなってきた」ってコメントがあった。その通りここ2年急激に衰えてしまった。松井も人間。すごい正直にコメントしていたんだなと感じます。

続いてポストシーズンの成績も載せます。ほんと勝負強かった松井を示しています。

2012-12-29 11.41 のイメージ

キャリアでのポストシーズン成績は.312/.391/.541/.933。ホームラン10本。言うこと無いね。レギュラーシーズンと同じで2004年と2009年の成績は特筆もの。調子が良かったんだろうな。

物事にはタラレバはだめなんだけど、私はどうしてもタラレバしてしまう。もし松井がはじめからメジャーでプレーしていたら?どんな成績を残したのだろうか?松井やイチロー、野茂がメジャーへの道を切り開いたから、田沢のようにはじめからメジャーで挑戦することができる。これからもヒデキが作った道を、後輩が生かしてほしい。

それに尽きる。

 

地区ごとの年俸総額平均

昨日の年俸総額をMLBトレードルーモアが地区ごとにブレイクダウンしていました。

20121228-093312.jpg
右の数字が2011年のものです。

アリーグとナリーグの格差が結構あることを示しています。一割程度の格差が生じているのでドジャース効果だけでは埋めきれないでしょう。三年連続ナリーグのチームから制覇していますが、未だにアリーグの方がレベルが高いと言われているし、人気も高そう。ちょっとネジれた構造になっているここ数年かなと感じています。

基本的に5%以上アップしている地区がほとんどですが、ナリーグ中地区のみ下げてる。2011年はカーディナルスという優勝チームが出たのに寂しい結果です。

トップはやはりアリーグ東地区。メジャーでも高収益をあげていると言われるヤンキースとレッドソックスを抱えているから当然の結果。

こうやって眺めてみるとどちらのリーグも中地区のサラリーが低い。収入も少ないのだろうか?ナリーグ中地区からアリーグ西地区に移籍するアストロズはこれを機に収入増、低迷期からの脱出を実現してほしいですね。

各球団の年俸総額。MLB30球団の年俸総額平均が$100M超え。

早くも大台を超えてしまいました。10年前なんて$100M超えるのは金持ち球団の証だったような。

去年MLB各球団がどれだけお金を支払ったのか?AP通信が伝えています。

20121227-083647.jpg

この金額に含まれるのは40人ロースターに登録されている選手の年俸やプロレベルの契約金、インセンティブ、バイアウトなど。マイナー選手やコーチらの給料は含まれていないことに注意が必要です。レッドソックスなんかはギリギリぜいたく税を逃れていますが、実はマイナーにかなりの金を使っていると言われています。

今年も一番お金を使ったのはヤンキース。しかし来年はこのままだとトップの座を明け渡しそうです。アスレチックスは全球団中最もお金を使いませんでしたが、最も素晴らしいチームでした。また四月の開幕前にどう変わったか。お伝えしたいと思います。

FAトラッカーを使ってQualifying オファーの中間結果を確認。

メジャーのストーブリーグもクリスマスで一息つくのがこの時期。ひいきのチームの状況をおさらいするのにはいいタイミングだと思います。残っているFA選手の誰を補強してほしいなー、なんて考えるのは楽しいですよね。

様々なサイトでオフシーズンの動向をまとめていますが、私のおすすめはMLBトレードルーモアのTracker。検索しやすいので気に入っています。こちらTransaction Trackerを使えばFAだけでなくトレードなども詳しく検索できます。

先月、こちらにQualifying offerされた選手をまとめましたが、その後の状況を追ってみます。

  • ジョシュ・ハミルトン エンゼルスに移籍
  • 黒田 ヤンキースに残留。
  • ニック・スウィッシャー インディアンスに移籍。
  • ラファエル・ソリアーノ 未定
  • B.J.アップトン ブレーブスに移籍
  • カイル・ローシュ 未定
  • マイケル・ボーン 未定
  • アダム・ラローシュ 未定
  • デビッド・オーティズ レッドソックスに残留

レッドソックスのデビッド・オーティズとヤンキースの黒田は残留となったので、ドラフト補償を生じさせる大物FAは7名。今オフの目玉、ハミルトンはエンゼルス移籍。この中にはいませんがもう一人の目玉、グレインキーもドジャースと契約済なので、現在残る一番の大物はマイケル・ボーン。ボーンが決まれば今オフもだいたい落ち着くかなと思いましたが、他にも3人Qualifying オファーされた選手が残っています。

ところでボーンはB.J.アップトンの契約を根拠にするとかなりの大型契約になりそうです。でも、一体どの球団が取りにいくのか?古巣のブレーブスは前述のアップトン兄を後がまとして獲得済み。積極的に獲得へ動くと予想されていたフィリーズとナショナルズは、どちらもツインズからベン・リビアとデナード・スパーンを獲得。ちょっと予想が困難になってきました。しかし去年のフィルダーもなかなか決まらなかったものの、最終的にはタイガースと大型契約を結びましたのでボーンもそれなりの契約になると予想されます。

ところでこれらドラフト補償を生じさせるの移籍でドラフト指名順位に変更が起きます。それに関しては全員行き先が決まってからまたまとめます。

過去15年間のドラフト全体1位指名選手

メジャーでもドラフトには夢があります。2009年、2010年にともに全体1位指名権を持っていたナショナルズ。そのとき指名したスティーブン・ストラスバーグとブライス・ハーパーは見事に戦力になってチームに貢献しています。2012シーズンのポストシーズンは惜しくも地区シリーズで敗退してしまいましたが、レギュラーシーズンではトップの勝率でした。逆に全体1位指名権を持っていたということは2008年、2009年は最低の勝率だったのです。

ストラスバーグもハーパーもぶっちぎりのナンバー1と呼ばれていましたが、毎年そうだとは限りません。スカウトの間で評価が別れることもあるし、ボラスが代理人になっている選手は敬遠されることもあります。

最近までテレビ中継されていませんでしたが、今はかなり派手にやってます。去年の全体1位指名発表の様子をごらんください。

トゥロイツキーと比較されるコレアの今後の成長は楽しみです。それでは過去15年のリストをご紹介します。ドラフト当時のポジションと、出身が高校なのか大学なのかも載せておきました。

2012-12-23 14.22 のイメージ

大卒のピッチャーと高卒の遊撃手出身の選手が多いことに気がつきますね。どのチームもエース候補は欲しいものです。遊撃手は指名されてもコンバートされることが多いですね。高校では素材のいい選手はみんなショートを守らされているのかもしれません。

ハーパーだけカレッジ出身ですが、これには裏話があります。本来ハーパーがドラフトの指名対象になるのは2011年のはずでした。すでに全体1位指名確実といわれていたのですが、代理人のボラスが2010年のドラフトで指名されるように裏ワザを使います。それがカレッジに入学させるというものでした。

『マネーボール』では高校生より大学生の方がリスクが小さいと言われていました。しかしマネーボールが描かれている2002年の直前3年、1999年〜2001年は全員高校生が指名されています。ハミルトン、エイドリアン・ゴンザレス、ジョー・マウアー。3人ともスーパースターになったのが皮肉ですね。

多くの選手はメジャーで活躍していますが、残念ながらプロの環境に適応できなかった選手もいます。2002年マネーボールドラフトで全体1位指名されたバリントンは現在日本のプロ野球にきています。2004年にパドレスから指名されたマット・ブッシュは現在収監中。2008年にレイズが指名したティム・ベッカムも素行の悪さが問題視されていますが、年々評価を下げていてメジャーリーガーに定着できるか怪しいといわれています。

私が現在最も価値が高い選手だと思っているジェイ・ボットーは2002年2巡目にレッズから指名されています。10年くらい経たないと結果はわからないものです。

突然BABIPがさがってしまったティシェーラ

今日もBABIPに関して。

去年のオフ、ヤンキースのマーク・ティシェーラの成績は回復するだろうと予想されていた。2011年のBABIPが.239と著しく低かったので、不運に見舞われたと解釈できる。

しかし実際は成績はさらに悪化。BABIPは2011ほどではないが.250。健康でなかったこともあるが、衰えてしまったのだろうか?

メジャーの通算成績を見てみよう。

20121221-145951.jpg

2010年から突然BABIPが低いレベルに落ちている。パワーだけでなく三割程度打てる巧打者だったが最近は平均以下の確実性。チームメートのグランダーソンと同じく、本拠地の特徴を活かしてホームランは量産しているが、高額契約からすると価値に見合っていない状況。

一塁手としては高い守備力と、四球を選ぶ能力を持っているのでレギュラーから外されるとまで心配する必要はない。しかしこのままだとAロッドとセットで高年俸がチームの重荷になりつつある。ヤンキース在籍時としては初年度の2009シーズンだけが”らしい”活躍だったと言える。

来季まだ33歳。
野球選手としてはまだまだいける年齢なので復活できるかどうかカギとなるシーズンとなる。同じ年齢のころ、ライバル、ボストンのデビッド・オーティズも衰えかけたがその後盛り返している。来季のティシェーラのBABIPにも注目していきたい。

イチローが復活するかもとBABIPが示している。

イチローファンであっても衰えてきたことは認めざるを得ないと思う。でもヤンキースに移籍してから成績は改善。BABIPを調べたら2012年は通年のデータしか載っていない。ヤンキースだけのデータを知りたいが、ベースボールプロスペクタスなら確認できた。会員でなくても見れる。BABIPに関してはこちらを参照いただければと。

ここ数年明らかに成績が下降しているが、BABIPも同じくさがっている。
20121220-205509.jpg

200本安打が途切れてしまった去年は目安とされる.300も割っているが、これはヒットを打つ技術の衰えを示していると感じる。

イチローのキャリアBABIP は.347。200安打していた時はずっと高水準の数値を示してきた。メジャー全シーズンは下記の通り。
20121220-205936.jpg

ただヤンキースに移籍してからは丸で囲った通り再び高い数値が示されている。

優勝争いできるチームに移籍してモチベーションが上がり、ヒットの打ち方を思い出したのかもしれない。ヤンキースタジアムはマリナーズのセーフコ・フィールドより打者有利の球場。それが成績にプラスに働いたのか。

イチローファンにとって、ヤンキース残留は明るいニュースかも。再び同じBABIPでヒットを量産できれば、また200安打達成も見えてくる。

BABIPトップ選手の来季打率を予想してみる。

去年もこんな記事を書いていた。

BABIP は選手の状態を把握するのに使えるかもと思っていたが、一年間経過してもう少し踏み込んでみることにした。

下記はBABIP上位の.350以上の選手を打率と並べたもの。

2012-12-18 23.58 のイメージ

デクスター・ファウラー

キャリアBABIPは高くて.353だがさすがに今季は高すぎる。よって打率は.270程度に下がると予想。

トリイ・ハンター

まだまだ元気だけどキャリアBABIPは.307。大きく下げて打率.270と予想。

マイク・トラウト

センセーショナルなシーズンを送ったけどBABIPはとても高いのが何を示すのか?真の天才打者なのか?それとも運にも恵まれたのか?マイナー時代もBABIPは高かったが、メジャーとしてのサンプルは少ない。若干打率は下がって.300程度と予想。それよりも来季もパワーが見られるかの方が気になる。

アンドリュー・マッカッチェン

期待の若手が大ブレーク。ただキャリアBABIPは.326と乖離があった。若干下がって打率.300と予想。

オースティン・ジャクソン

キャリアBABIPも.370と高い。三振が許容範囲まで減って、四球は増えた。よりポリッシュな打者に成長したと思われる。来季も打率三割程度を残すと予想。

バスター・ポージー

キャリアBABIP.339より若干高かった。若干下がって打率.310と予想。

ジョー・マウアー

新しい本拠地での打ち方をものにできたかも。来季も.320程度打てると予想。

ミゲル・モンテーロ

キャッチャーが偶然3人並びました。キャリアBABIPは.318と乖離があったけど今年も平年並みの成績。予想が難しいけどステイかな。

アレックス・ゴードン

来年も安定して.300近辺と予想。

クリス・ジョンソン

全く知らない選手だったので動画をのせます。予想は勘弁。

シン・スー・チュー

キャリアBABIPは全く同じ。打撃成績も例年とほぼ同じ。移籍がうまくいくかどうかが問題だがセンターを守らされるという噂。守備の負担が増える分、成績下降と予想。

デビッド・フリーズ

キャリアBABIPもほぼ同じ。働き盛りの年齢だし成績を維持すると予想。

カルロス・ゴンザレス

キャリアBABIPは今季とほぼ同じ。ちなみに首位打者を獲得した2010シーズンは.384でした。来季も.300程度残せるでしょう。

名前を連ねている選手の多くは毎年おなじようなBABIPを記録している。つまりこの指標は、.300を基準にするとか打率のように考察しても意味がない。選手ごとに大きく変化するので、その選手の複数年のBABIPと比較しながら状態を検討するのが良いという結論が導きだせる。来シーズン今回の予想と見比べながら毎年のBABIPの変化が何を意味するのか改めて検討すると面白いはずだ。

バウアーとチューが動いたトレードのまとめ。グレゴリウスも要注目。

先週またしてもブロックバスタートレード。シン・ス・チュー含む3球団のトレードと報道されていたけど、驚いたことにトレバー・バウアーが含まれていた。もっと驚くことに、ダイヤモンドバックスはバウアーを出した割に目立ったメジャーリーガーを獲得しなかったこと。

今回のトレードの相関図は以下の通り。

20121216-104616.jpg

過去ドラフトでずっと失敗してきたインディアンズ。今回のトレードはかなり良い結果をもたらすかもしれない。バウアーはいっきにNo.1プロスペクトになるし、他の3人も戦力となる。

レッズはただワールドシリーズを取りに行くため。意図がハッキリしたトレード。外野のアップグレードに成功したが、チューをなんとセンターとして起用する方針なので守備力の低下が懸念されるところ。

最後に問題のダイヤモンドバックスだが、今回メインで手に入れたというのがレッズのプロスペクト、ディディ・グレゴリウス。どんなプレイヤーなのか動画を検索してみたら面白いのを見つけた。なんとバウアー対グレゴリウス。

グレゴリウスはオランダのアムステルダム生れのキュラソー育ち。レンジャーズのプロファーもキュラソー出身。プロスペクトのベスト100に入るか入らないかという選手。ボストンのザンダー・ボガーツもすぐちかくのアルバ島出身だしオランダ領からショートのプロスペクトがたくさん出てきているようだ。対岸のベネズエラはショート王国だから何か影響があるのかしら?

素晴らしい守備のツールを持っていることが売りらしい。目立った攻撃のツールはないらしいが、スイングは良さそうだしなかなかいい遊撃手になるかも。興味深い選手をまた発見できたトレードだった。