ロイヤルズとレイズがトレード。ロイヤルズは損をした?

ロイヤルズ、レイズ間で大型トレードが実現。ジェームズ・シールズとウェイド・デービスがロイヤルズへ。トッププロスペクトのウィル・マイヤーズを含む計4人のプロスペクトがレイズに移籍。

現地アメリカメディアの反応はレイズ優位のトレードという見方が多い。トッププロスペクトのウィル・マイヤーズ放出を失敗とみなしているようだ。

ロイヤルズはしばらく前から、マイヤーズをエサにシールズかレッドソックスのレスター獲得を画策と噂されていた。

ジェームズ・シールズは契約事項に2014のオプションがあり。ロイヤルズは2年間は保有できる見込み。シールズはエースというほどでは無いが、毎年多くのイニングを投げる素晴らしい先発投手。ピッチャーとしての能力もさることながら、その闘争心は惹きつけられるものがある。年齢的にこれから不動のエースに成長するとは考えにくい投手だが、FAになったらドラフト補償をもたらしてくれる可能性は高い。

ウェイド・デービスの方は現行契約が2014年まで。ただし2017までのオプションあり。去年、リリーバーとしては成功したが、先発としてはパッとしない剛球投手という印象。

2人を獲得したことで、投手陣の底上げには成功した。だけどこの二人を獲得するためにプロスペクト4人も放出する必要があったのか?またマイヤーズをエサにするならもっといいトレードができたのではないか?これはマイヤーズの価値をいかほどにみるかという問題があるので結果を予想するのが難しい。参考までにベースボールプロスペクタスもベースボールアメリカもスーパースターになるとはみなしていない模様。

一方、レイズ側がメインで獲得したウィル・マイヤーズは今季トリプルAでホームランを量産。メジャーへの準備は整っている模様だがリスクゼロではない。レイズは恐らく開幕から起用するだろう。近い将来30本以上ホームランを打つと予想するスカウトもいるほどで来季のプロスペクト、トップ5に入るだろう選手。守備はセンターをやらせても許容範囲だとか。

レイズは失敗トレードに終わらないと予想。シールズはいずれ流出する見込みだったし、ブルペンの補強は比較的難しくない。レイズは毎年素晴らしいブルペンを整備してきた実績もある。非力な打線をマイヤーズで補強できたのは大きい。ロンゴリア、ゾブリストに続く打線の要になる可能性十分だし。予算が限られて大物FAを補強できないチームにとっては良い補強になるはず。

一方のロイヤルズは去年攻撃陣が優れていたわけでは無いのにマイヤーズを放出したのは不可解。チーム改善のためにはまだ穴がたくさん空いている。トレードの意図が不明です。放出した4人よりシールズとデービスが高い価値を出すかもしれない。しかし補強のコンセプトが今後ハッキリせず、結局弱小球団に終わればそのトレードに意味はないはず。

まあ、個人的に楽しみなのは大物新人のマイヤーズがメジャー最注目のアリーグ東地区でキャリアを始めること。彼の成長をじっくり観戦しましょう。