開幕から10試合以上が経過。ブレーブスがロケットスタート

シーズンがはじまると書く頻度が減る傾向にあることを自覚しています。今シーズンはせめて週一でも継続させたいですね。

開幕から10試合以上が経過。まだまだはじまったばかりだけど、うまくスタートを切れたチーム、はじめからつまづいてしまったチームがやはり出てますね。

ロケットスタートを切ったのはブレーブス。11勝1敗と最高のスタートを切った。スタッツをチェックすると今のとこらは投手陣が絶好調。打者の調子はまだ調子の上がっていない選手がいる様子。アップトン兄弟を二人とも獲得してかなり顔色が変わったが、兄弟でスタートに差が出ている。弟は絶好調だが兄はまだまだ。ただ元々調子にムラがあるタイプ。ブレーブスはまだ調整が必要そうなのにいきなりこれだけ貯金が出来たのは大きい。

去年のプホールズに続き、ハミルトンの獲得と打撃の大補強に成功したエンジェルスはつまづいてしまいました。当のハミルトンが開幕からつまづきましたが調子が上がってきたのでチームもこのまま借金返したいところ。

もう一つ大補強したブルージェイズは大味な印象。レイエスとローリー、二人のダイナミックなプレーヤーが離脱しているので今は踏ん張りどころ。

ハミルトンとナポリが抜けてかなり打線がスケールダウンしたレンジャーズはまずまずのスタート。投手陣が踏ん張ってます。ただ怪我人も出てるので早く攻撃の形を整えたいところかも。

まだ始まったばかりですが、やっぱり面白いですなー。