いよいよ今週はMLBのドラフト!

早いもので開幕からもう二ヶ月。レギュラーシーズンの三分の一が経過したことになります。今年も例年通り、メジャーのゲームを堪能させてもらっていますが、ちょっと今週はゲーム以外にも視線を向けてましょう。

6/6〜8日はMLBのルール4ドラフト、つまり新人ドラフトが開催されます。日本のプロ野球と違ってメジャーはシーズン真っ只中で開催。このスケジュールってよく出来てるなと感じる。この時期になると早くも残りが消化試合みたいな球団が出てくる。今シーズンならマーリンズとかアストロズとか。この二チームは開幕前の予想通り、最下位独走しています。でもドラフトはそんな下位の球団に興味を注がせる一翼を担っている様に思う。だいたい弱い球団は上位のドラフト指名権を持つ。全米で注目されている若者がどの球団に指名されるのか?上位指名権を持つ下位球団の動向が注目されるわけです。

メジャーのファンってプロ野球よりずっとドラフトに注目している印象があります。なんたってドラフトに関する情報量が違う(でも日本と違ってずっとテレビ中継はされてこなかったんだけど)。遠く離れた日本からだけど出来るだけ日本のメジャーファンともドラフトで盛り上がりたいなと今年は思ってる次第。

基本的なところからですが、開幕当初に指名の順番に関してはまとめておきした。週末は一巡目くらいの結果はアップする予定なので、皆さんのご贔屓球団がどの選手を指名したか?チェックしてみていただきたいと思います。

今年は去年と同じくアストロズが全体一位の指名権を持っています。ナショナルズは2009年、2010年と同じように全体一位でストラスバーグとハーパーを指名。早くも大きな戦力となっています。つまり5年前に最弱だったチームが去年はプレーオフに進出している。その戦力の補強にドラフトが大きく関わったということ。アストロズも有効活用してほしいですね。