ドラフトで目安となる契約金額

ドラフトでお金を使いまくるとペナルティを食らうことになる。翌年の一巡目指名権がなくなったり、税金をかけられたり。できるだけ良い選手を獲得したいけれども、与えられたボーナスプールを考慮しながら各球団は契約をすすめなければいけない。現地のニュースをみると、推定の契約金額の他に、MLB側が設定した目安のボーナス金額も掲載して、比較している。契約期限に再度比較するとして、まずはMLBが設定した目安の契約金額をチェックしとこう。

2013-06-23 22.45 のイメージ

こうやって眺めると、全体1位と5位って倍以上差があるんだね。どっちの選手が活躍するかは分からないのに。この制度やっぱり無理があるよな。