ウィンターミーティング始まる!ブロックバスター起こるか⁇

MLBの野球関係者が一堂に会するウィンターミーティングがやって来ました。特にGMがみんなで色々話しあえる機会なので大きなトレードが実現することが例年多い。

今年はすでにタイガース、レンジャーズ間でフィルダーとキンズラーという大型トレードが実現しているが、より大きなトレードが実現するかに期待がかかっている。注目されているのは去年もジェームズ・シールズと交換に新人王のマイヤーズを獲得したレイズ。今年トレードされる噂の渦中にいるのはリーグ屈指の左腕、デビッド・プライス。まだFA権取得まで2年あるため、最大限のわ見返りを求められる状況。ドジャースやダイヤモンドバックスがトレード相手の噂が上がっているが、レイズが去年のマイヤーズ以上の見返りを要求するのは必至。トレードのコマを揃える球団は果たして現れるか?

その他でもカブスの先発投手サマジーヤ、エンゼルスの一塁手、トランボ、フィリーズのレフト、ドモニク・ブラウンらがトレードの噂に上がっている。レッドソックスは先発投手やプロスペクトに豊富なコマを揃えているのでもしかするとトレードで動くかもしれない。

また日本のファンとしてはヤンキースの動向も気になるところ。直前にエルズベリー、ベルトランと大物FAをかき集めたので外野手が過剰な状態。ガードナーかイチローがトレードされる可能性大。日本のファンとしてはイチローがどうなるかに注目が集まる。

FA市場の動きが早かった今年なので、大なり小なり幾つかトレードは起こるでしょうね。