2011年のドラフトオーダー

今日紹介するのは来年のドラフトで予定されている指名順。

TypeAフリーエージェントに調停申請したものの再契約を逃した球団は、相手球団からドラフト一巡目指名権を補償としてもらうことができる。

基本的に今シーズンの成績が悪かったチームから指名することができる。

順位 チーム
1 パイレーツ
2 マリナーズ
3 ダイヤモンドバックス
4 オリオールズ
5 ロイヤルズ
6 ナショナルズ
7 ダイヤモンドバックス
8 インディアンズ
9 カブス
10 パドレス
11 アストロズ
12 ブルワーズ
13 メッツ
14 マーリンズ
15 ブルワーズ
16 ドジャーズ
17 エンゼルス
18 アスレチックス
19 タイガース
20 ロッキーズ
21 ブルージェイズ
22 カーディナルス
23 ホワイトソックス
24 レッドソックス
25 パドレス
26 レンジャーズ
27 レッズ
28 ブレーブス
29 ジャイアンツ
30 ツインズ
31 ヤンキース
32 レイズ
33 フィリーズ

2回名前が出てくる球団が3つある。

7位のダイヤモンドバックス、10位のパドレス、15位のブルワーズは去年契約できなかった分の補償。

背景が色つきの球団は一巡目指名権がプロテクトされている。

カブス、ドジャース、メッツなど金持ち球団も成績が悪かったので、TypeAのFAを獲得しても一巡目指名権を失うことは無い。

ご贔屓のチームの補強を知る上での参考にされたし。

ストーブリーグの予定をチェック

ワールドシリーズまで一段落。

ちょっと間隔が長い気もしますね。

昨日に引き続きストーブリーグに向けたチェックしましょう。

ストーブリーグのイベント日のチェックです。

イベントを知っていればやきもきも少しは減るはず。

今年から契約切れFA候補となった選手への独占交渉期間が5日と大幅に短縮されました。

ワールドシリーズの余韻に浸るまもなく選手たちの動きが始まるかもしれませんね。

11/5~9 フリーエージェント(FA)資格選手への独占交渉期限(ワールドシリーズ終了から5日後)

11/16~17 GMミーティング

11/17~18 オーナーミーティング

11/23 FA資格選手への年俸調停申請期限(ドラフト指名補償の権利を得るため)

11/30 FA資格選手の年俸調停受諾期限

12/2 球団側の契約意思表示期限(いわゆる40人枠ってやつですね)

12/6~9 ウィンター・ミーティング

1/5~15 年俸調停申請期限

まずはFA選手の動きをチェックしながらウィンターミーティングまで“贔屓チームの来季を占うっ”といった感じでしょうかね。