Skip to content
 

メジャーリーグサービス(MLS)


MLBの各チームは、選手がメジャーに在籍している期間を管理している。

特に3年(調停権獲得)と6年(FA権獲得)というのは節目の重要な時期。

そんな選手のメジャー経験を示すのがメジャーリーグサービス。

MLSって約されて表記されることも多いですね。

でもこのMLSは小数点3桁で示されていてよく分からないし、どこまでいったら繰り上がるのか分からないので調べてみた。

MLSは選手が何日間メジャー登録(ロースター)されたかを測るもの。

選手のキャリアの様々なステップ(調停権取得とかFA権取得など)を算出するのに使われる。

だからMLSは年数と日数を一緒に示されているんだね。

例えば2年と123日登録されたキャリアを持つ選手ならば、2.123という風に書かれるわけ。

シーズンの期間は毎年代わるけれど、172日以上登録されたら1年でカウントされる。

3.000以上で調停権を取得。(実際は例外としてスーパー2がある。)

6.000以上でFA権を取得。

10.000以上で5年間以上現在のチームに所属している選手にはトレード拒否権がさずけられる。

選手のMLSについて知りたい時はCot’sで調べる。リアルタイムじゃないけどある程度参考になるはず。

No related posts.

コメント

  1. [...] « メジャーリーグサービス(MLS) [...]

  2. [...] 正確にはメジャーリーグサービスタイムが3.000以上になれば調停を申請する権利を得ます。 [...]

コメントをどうぞ