Skip to content
 

2010年の観客動員ランキング


有力なFA選手も残り少なくなってきました。

FAよりもロイヤルズのグレインキーのトレード先の方が気になりますね。

今日は今さらですが2010シーズンの観客動員に関して。

(2ヶ月前くらいに書きかけだったのを忘れてました・・・)

2010年の平均観客動員数が上位だったチームから順に並べてあります。

(データはESPNを参照しました)

見事にもっともスタジアムに観客を動員したのはヤンキース。

それほど観客が増えたわけではないけど、2009年のドジャースから見事首位の座を奪いました。

ドジャースは逆に今年の成績が悪くて客足が遠のいたんでしょう。

もう一つ重要なのが集客率。

なんと3球団が100%以上を記録する人気っぷり。

満員御礼が続くレッドソックスは今年も100%以上。

ただ地元放送局NESNでの中継の視聴率は優勝争いできなかったせいか30球団一位の座を逃したらしいです。

しかしエイドリアン・ゴンザレスの獲得でマーケティング効果があるでしょうから来年も100%以上でしょう。

またここ数年ですっかりナ・リーグ一の強豪球団となったフィリーズも昨年に引き続き100%以上動員しました。

驚異的なのはツインズ。

去年の60%からいっきに100%を超えましたね。

1年間ではなんと80万人以上も集客を増やしたことになります。

今年から球場が新しくターゲットフィールドになった効果と、プレーオフに進めたのが要因だと思います。

このまま毎年満員を続けられるならば難なくマウアーとの高額契約もこなせそう。

そのためには毎年優勝争いをする必要があるでしょう。

もう一つ動員を増やした注目チームがレッズ。

久々に地区優勝して1試合あたり4000人近く増やしました。

しかし集客率は60%とまだまだ空きがあります。来年も優勝争いできればさらに集客は伸びると思います。

以前分析してみたら、優勝などの効果はその翌年の方が出る傾向にあります。

恐らくチームの活躍を期待して開幕前からチケットを買ってくれるからだと思います。

ボットーという大黒柱を得たのでどんどん動員を増やしてフィリーズみたいな成功を収めることができるでしょうか?

逆にメッツは大幅に減少。

2009年から新球場になって、去年は90%以上動員したけど今年は15%も集客率を下げてしましたました。

成績不振が原因でしょうね。

GMが変わって、アスレチックスのビリー・ビーンGMの師匠ともいえるアルダーソンになった。

強くなって客を取り戻したいところですね。

No related posts.

コメント

  1. [...] で新球場の効果は以前のブログ にも書いた通りの大成功。 [...]

コメントをどうぞ