ブレイク・スネル 去年マイナーで最も活躍した選手

USA Todayが選出するマイナーリーグプレイヤーオブイヤーに選出された投手、ブレイク・スネル。同賞は文字通り一年間で最も活躍したマイナーリーガーを選出するもの。興味深いのは選出されるとその後にメジャーで活躍する可能性が高い。過去10年間の結果は以下の通り。これ以前にもスター選手がゾロリといる。

2005: フランシスコ・リリアーノ

2006: マット・ガーザ

2007: ジャスティン・アップトン

2008: デビッド・プライス

2009: ジェイソン・ヘイワード

2010: ジェレミー・ヘリクソン

2011: ポール・ゴールドシュミット

2012: ウィル・マイヤーズ

2013: ザンダー・ボガーツ

2014: クリス・ブライアント 

例えば2011年に選ばれたゴールドシュミットの場合、2011シーズン開幕前はプロスペクトのトップ100にも入っていなかったが現在ではメジャーを代表する一塁手へと成長している。歴代に名前を挙げられた選手を見ると、メジャー昇格前の選手ばかりではあるものの、ここまで活躍する選手が多いので同紙のスカウトは結構注目して良いのでは無いかと感じている。

スネルは昨シーズンマイナーのどのレベルでも打者を翻弄したが、直近のMLB.comのランクでは41位とそれほど評価が高いわけでも無い。来季、メジャーデビューするチャンスは高いと思うが、結果が楽しみなピッチャーだ。

 

2016展望–ナショナルズ

ここ2年ほど土日しか試合を観戦できなくて、2014シーズンはほとんど知らないチームも出てきちゃって、去年のオフは全球団注目選手を絞ってみた。結構2015シーズンは楽しめたから今年も同じ作戦で準備しようかなと。一番最初に初回するのは合衆国の首都、ワシントンD.C.にあるナショナルズから。

チームを代表する選手 ブライス・ハーパー

エース マックス・シャーザー

注目の選手 トレイ・ターナー

2015観客動員数 2,619,843(77.9%)

主な放出 ダグ・フィスター、ジョーダン・ジマーマン(タイガース)、デナード・スパーン、イアン・デズモンド、ユネル・エスコバー(トレード、エンジェルス)

主な獲得 ダニエル・マーフィー(二塁手)ショーン・ケリー(リリーフ)ユスメイロ・プティット(リリーフ)

昨年は怪物ハーパーがとうとう覚醒してMVPを獲得。昨オフ獲得したシャーザーは期待通りの活躍。しかしチームは残念な成績に終わった。昨シーズンは得点–失点=+68と悪くなかった。メッツは+70だったからほぼ同じ。だけど成績にこれだけ差が出たのはチームが機能していなかった証。細部はまだ埋める必要のある溝がたくさんあるから開幕までにまだ動くはず。

核となるエースと野手がいるのだから優勝を狙うべき位置にいる。ストラスバーグや三塁手のレンドンなど他にも良い選手がいるし。デズモンドがFAとなったショートの穴はルーキーのトレイ・ターナーが埋める見込み。ターナーはソウザとウィル・マイヤーズのトレードに絡んでナショナルズがパドレスからメインで獲得した選手。スカウティングでは打率を残せて守れるショートに慣れると予想されている。メジャーにすんなり定着できるかはナショナルズ躍進の鍵だ。

 

ペドロ・マルティネスの再来?アンダーソン・エスピノーサ

先月ドジャース傘下のプロスペクト、フリオ・ウリアスを紹介したが、もう一人、10代の投手を紹介する。それはレッドソックス傘下のアンダーソン・エスピノーサ。

ベネズエラ出身で2014年夏にインターナショナルFAとしてボストンと契約し、来年の三月にようやく18歳になる。同国の投手としては史上最高額の契約金を獲得と契約時から各球団の注目を浴びていた。身長は6フィート(約183センチ)とメジャーの投手としては小柄だが2015シーズンはグングン球速が上がり、すでにラクラク95マイル超の速球を投げる。(下記のBaseball Americaのビデオで球速を読み上げているが確かに速い)

スカウトの評価が高いのは球速よりもスムーズでバランスの良いフォームから繰り返しストライクを投げられる点。2015年はマイナーで58.1イニングで14四球しか許していない。このままコマンドと変化球を磨いていけば大エースになる可能性を秘めている。

 

QOされた野手はほとんど越年かな?

もう今年も残り僅か、ジェイソン・ヘイワードは契約したけどまだたくさん野手のFAが残っている。まあ今年のFA市場は小粒だったからね。

アップトン弟、セスペデスとクリス・デービスは大物と言えるからタイミングの問題なんだろうが。ゴードン、デズモンドにファウラーはいつ決まるかな。ゴードンは成績に比してリーダーシップを持っている分、かなりの高額になりそうとの噂。年齢的に将来不良債権にならんと良いが。デズモンドは安定しないからな。ファウラーは地味だけど出塁率が高くて安定感あるから結構一押し。ただ守備が悪いからレフト起用すべき選手とは思う。

ただ今年はQOが多いから。ドラフト1巡目を諦めて思い切った定時をする球団がいるかどうか。ドジャースはまだ金が余ってそうだけど求めてるポジションとは違うかな。ボストンはもうFAは取らないと思うね。

まあここからは気長に眺めていきましょう。

ちょっと変わった三角トレード

ホワイトソックスが三角トレードでトッド・フレイジャーを獲得。でもこのトレードはちょっと変わっていた。

レッズ(フレイジャー)→ホワイトソックス(プロスペクト3人)→ドジャース(プロスペクト3人)→レッズ

3球団で絡み合うことが通常なのが三角トレードだが、循環するように選手を一チームに送り出すだけで絡み合うことが無かった。もっと不思議だと言われているのは、レッズが獲得したプロスペクト3人よりドジャーズが獲得した3人の方が価値が高いと言われていることだ。ドジャーズがなぜそのままフレイジャーを獲得しなかったのか?レッズがとうしてこんなに安売りしたのか?なんて言われている。

まあプロスペクトが関わるトレードなんて数年経ってみないと結果はわからないもんだが。

パークファクター

パークファクターに関しては過去にも触れたことがある。球場毎のプレーの傾向を示したもの。有名なファクターとしてロッキーズのクアーズフィールドはホームランも三塁打も出やすい。ヤンキースタジアムはホームランが出やすい。レッドソックスのフェンウェイ・パークは二塁打が出やすいなどがある。

基本的な考え方はホームがロードに対してどのくらい得点が生まれやすいか?ホームランが出やすいか?

相手の投手や守備力によって当然変わる。セイバーメトリシャンは精度を上げるべく公式を複雑にしていくのだろうけど、数年分のデータを元におおよそのファクターは理解できる。

ESPNでも過去15年分のファクターを載せているから、ご贔屓の球団のパークファクターをチェックしてみると良い。

例えば先に述べた3球場に関して、2015シーズンは通説通りの結果となっている。

比較的新しい球場であるマーリンズパークは明らかにホームランの出にくい球場だが、得点が入りにくいというわけではない。スタントンのパワーは移籍したらどうなるかと予想するだけでも胸が膨らむ。

FAの目玉二人の行き先が決定。来週はウィンターミーティング

タイガースのジョーダン・ジマーマン獲得を皮切りに大きくFA史上が動いた。今週はFAの目玉、プライスとグレインキーの行き先が決定。今オフは稀に見るほどたくさん先発投手が市場に出たから投手の動きが目立つね。でもまだクエトというエース級がいるし、前田の参戦も決定。他にもキャズミアー、チェン、岩隈にケネディとたくさんいる。

一方で野手はまた稀に見る凶作の年だけど、まだ目立った動きがない。最注目とされるヘイワードも攻撃がパッとしない分ゲームチェンジャーとは言い難い。ただWARが高いからかなりの金額を要求されると思う。いつ行き先が決まるか注目。個人的にはセスペデスの方がオススメ。メッツ躍進での通り、チームの核となりうる選手。シーズン途中に移籍したから獲得してもドラフト指名権を失うこともない。そろそろ争奪戦が始まるかも。

ウィンターミーティングではどんなトレードが起こるかも楽しみ。レッドソックスは少なくとも一度はトレードに絡みそう。野手のFA市場は薄いからブロックバスターが起こるかもしれない。

ドジャースの未来のエース?フリオ・ウリアス

久々プロスペクトを書こうと思う。ピッチャーのプロスペクトを見極めるのは難しいんだけど、メジャーでエースになると信じ得る二人のプロスペクトを見つけた。その一人がウリアス。

フリオ・ウリアスはメキシコ出身の19歳だが既にAAで堂々とピッチングしている。2016シーズンは19歳でメジャーデビューする可能性もある逸材だ。AAで68.1イニングをERA2.77。74奪三振に15四球。もはやマイナーで証明するべきことは無さそうにも思える数字だ。

速球、チェンジアップ、カーブ、どれもメジャーで通じそうな球を投げる。速球は既に95マイルくらい。

2015シーズンは左目の手術で離脱したが登板過多にならずに逆に良かったくらい。

一つ心配なのはアメリカに来てかなり体重が増えてそうなこと。特に下半身はかなりどっしりしてきた。体重をきちんとコントロールして長くメジャーで活躍してほしい。

プーホルズがBABIPワースト

2015シーズン、規定打席到達者で最もBABIPが低かったのはプーホルズだったが、彼のスタッツはとても興味深い。

プーホルズのBABIP       
SeasonTeamGHRBB%K%BABIPAVG
2001Cardinals1613710.2%13.8%.336.329
2002Cardinals1573410.7%10.2%.308.314
2003Cardinals1574311.5%9.5%.346.359
2004Cardinals1544612.1%7.5%.298.331
2005Cardinals1614113.9%9.3%.316.330
2006Cardinals1434914.5%7.9%.292.331
2007Cardinals1583214.6%8.5%.317.327
2008Cardinals1483716.2%8.4%.340.357
2009Cardinals1604716.4%9.1%.299.327
2010Cardinals1594214.7%10.9%.297.312
2011Cardinals147379.4%8.9%.277.299
2012Angels154307.8%11.3%.282.285
2013Angels99179.0%12.4%.258.258
2014Angels159286.9%10.2%.265.272
2015Angels157407.6%10.9%.217.244
Total- - -227456011.8%9.9%.297.312

昨季のBABIPは.217とかなり低く、彼のキャリアにおいても最低だったが、.244と打率もキャリア最低だった。

BABIPは2011年から明らかに低下傾向であるので、これは明らかに衰えの兆候だろう。

とても興味深いことに、彼は打率よりBABIPの方が低いことがほとんどである。非常に三振が少なく本塁打が多いことが要因だが、最高でも.346と高くない。キャリアでも.297と通算.312の打者としては驚くべき数字だ。

 

昨季のBABIPランキング(打者)

幸運なのか、打撃がうまいのか?BABIP単年で何かを判断できるわけではないけれど、ここ数年チェックする様にしている。2015年のトップ10は下記の通り。BABIP、打率を併記した。

オドゥベル・ヘレーラ .387 .297

ミゲル・カブレラ   .384 .338

ディー・ゴードン   .383 333

ポール・ゴールドシュミット .382 .321

クリス・ブライアント .378 .275

ザンダー・ボガーツ  .372 320

ジェイ・ボットー   .371 .314

クリスチャン・イェリッチ .370 .300

ブライス・ハーパー  .369 .330

デビッド・ペラルタ  .368 .312

昨季は結構3割打者の名前が連なった。打撃がうまい選手が上位にランクするのは好ましい結果だ。

オドゥベル・ヘレーラは新人王で得票なかったが、フィリーズに突然現れた選手。デビッド・ヘレーラとしてルール5ドラフトで指名されたチャンスをものにした。来季は成績落ちると思うな。

一方ナショナルリーグの新人王クリス・ブライアントはランクインした中で最も低打率。この人はとても三振が多いがその分パワーが売り。来季どうなるかは判断できないからまた来年振り返りたいところ。

もう一人ナショナルリーグから首位打者のゴードンにも触れたい。彼の場合は2014年からメジャーに定着してだんだん成長しているとも読めるが、来季は成績下がると予想しておく。